顔の乾燥肌が全然治らない

乾燥

 

 

加齢とともに乾燥肌が気になり始めました。

 

10代の頃はどちらかといえば皮脂分泌が盛んなオイリー肌でしたが、20代に入って季節や部位によって乾燥する混合肌に。

 

特に30代に入るころには季節・部位を問わず顔全体の感想に悩み始めるようになりました。

 

肌乾燥を1番実感するのはファンデーションを塗るときです。

 

細かな皮むけがあり肌になじみません。

 

むしろファンデーションを使用すると肌の乾燥状況が顕著になってしまいとても困ります。

 

乾燥に比例して肌そのものが敏感になったようにも感じています。

 

今まで使用していたスキンケアアイテムでも刺激やツッパリを感じたり、乾燥を感じるとかゆみが出るようにもなりました。

 

温度差にも肌が敏感に反応しはじめ、特に赤みが顕著に現れだしました。

顔のひどい乾燥肌を改善するためのスキンケアのポイント

スキンケア

 

それまで使っていたコスメによって刺激を感じるようになってしまったので、基礎化粧品を刺激の少ないものに変えようと考えました。

 

乾燥肌向けの商品は複数ありましたが、乾燥以外に刺激を感じやすい敏感肌になってきていることにも悩んでいたので、乾燥を抑えるためにセラミドを配合していること、さらに擦ることによって刺激してしまうことを避けるために、ライン使いを辞めてオールインワンタイプのものを選ぶことにしました。

 

アイテム選びには自分と同じように乾燥と敏感肌に悩んでいる方の口コミを参照し、アトピー肌や季節性敏感肌そのものが改善されたというのを見て効果が期待できると思い使用を決めました。

 

体外からばかりではなく体内からの対策も有効だとあったので、DHCのセラミドのサプリメントも併せて活用しました。

正しいスキンケアでトラブル肌を卒業

きれい

 

初めて使用してみて効果がすぐに出ました。

 

まず化粧水をつけてもピリピリしませんでした。

 

それまで使っていたものとしっとり感が圧倒的に違い、潤いが浸透していくような感じがありました。

 

いつもはケアしてしばらくたつと乾燥を感じていたのに、半日経っても粉吹きがなくしっとりが続いていました。

 

鼻の周りや頬などの細かな皮むけこそ突然なくなったりはしませんが、それでも化粧のノリが明らかによくなりました。

 

すっかり気に入り1年近く使っていますが、今は季節の変わり目や冬場などにもすっかり肌が安定しています。

 

ポイントは潤いを体外体内から両方摂取することと、敏感なときにはあれもこれも使ったりせずシンプルに保湿にこだわることだと思います。

 

そして何より丁寧なスキンケアを継続して行うことが大切だと感じています。